北朝鮮の弾道ミサイル発射は「挑発」なんていうものではない!

 今朝方、北朝鮮が弾道ミサイルを発射。韓国に新大統領が誕生してから初めてのこともあって、官邸も主要メディアも「挑発行為」と語っていたが、金正恩の掲げる「並進路線」からすれば、もはや「挑発」などというレベルのものではない。
 安倍晋三首相は北朝鮮に「強く抗議する」と言明したが、抗議したところで、無駄なことはもうわかっているだろう。北朝鮮は核抑止力を手に入れるまで、弾道ミサイル発射実験を続けるはずだ。


 以下、北朝鮮と「並進路線」についての詳報はこちら。先週発売の『サンデー毎日』に掲載され、3日前にネット転載されたぼくの原稿です。

北朝鮮 「在日米軍基地」へのサリン攻撃の威力 - 毎日新聞
https://mainichi.jp/sunday/articles/20170510/org/00m/030/001000d

スポンサーサイト

『侵略する豚』1年3か月の連載が終了しました。

 1年以上に亘ったウェブマガジンの連載が今月で終了しました。
 毎週更新で全57回。
 途中で編集担当者が、あまりにも信じ難い〝大ボケ〟を連発して(それは誰に話しても驚かれる内容のものでした)機能しなくなり、連載が一次中断したこともありましたが、編集部による担当者交替という異例の措置で継続しました。ありがとうございました。


小学館|BOOK PEOPLE
http://bp.shogakukan.co.jp/
『侵略する豚』〜日本の食肉とTPP〜
http://bp.shogakukan.co.jp/pork/vol57.html


 連載のサブタイトルには「日本の食肉とTPP」とあります。TPPの発効によって圧迫される日本の畜産と、20数年前には豚肉の純輸入国だった米国が世界第1位の豚肉輸出国に急成長を遂げたその戦略の逞しさを語るつもりでしたが、連載を開始した時点でまさかドナルド・トランプが大統領になって、TPPが瓦解するとは思ってもみませんでした。いまトランプはTPPで輸出が増進したはずの国内の食肉業界、農業団体から突き上げを食らっています。TPP大筋合意後の記者会見で「TPPは国家百年の計」と語っていた日本の首相、「意思表示をすることが大事」として批准承認決議をした国権の最高機関である日本の国会も面目がありません。1年の連載を通してみても、米国によって振り回される日本の国情と先行きが不透明な世界の状況がよくわかります。

 連載の第1回は「桜田門外の変」でした。大老井伊直弼を水戸と薩摩の脱藩藩士が襲撃した、開国から明治維新へ向かうきっかけとなった事件。その背景に、井伊家から水戸家に牛肉を送らなくなった恨みがある……。井伊家の彦根藩は江戸時代に牛の屠畜が認められていた唯一の藩でした。それと薩摩藩は江戸の上屋敷で豚を飼っていたほど、豚肉を好んで食べていました。この豚肉が大好きで、薩摩に督促して困らせていたのが、維新の朝敵となる一橋慶喜です。どうも黒船の来港から幕末の裏面史には食肉が絡む……というお話からのスタートでした。
 その井伊家の彦根藩誕生の布石を描いているのが、今年のNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』。そして来年の大河ドラマが『西郷どん』。2年続けて江戸時代の食肉に関する藩が舞台の奇遇。そこを独り善がりに喜んでいたら、このウェブマガジン連載終了と同時に、「週刊文春」が漫画の連載を開始。そのタイトルも『幕末 桜田門外の変』だったのには、ちょっと驚きました。
 いまこの連載を見返してみると、また違った歴史が見えてくるかもしれません。

 意味のある連載だったと思っています。
 よかったら、目を通してみてください。
 いま読み返しても違ったまた価値観が浮かんでくるはずです。

http://bp.shogakukan.co.jp/
http://bp.shogakukan.co.jp/pork/vol1.html
http://bp.shogakukan.co.jp/pork/vol57.html

福島第一原発の原子炉格納容器の中に入って来ました!

福島第一原子力発電所の原子炉格納容器の中に入りました!

 先週、福島第一原子力発電所の原子炉格納容器の中に入ってきました。
 格納容器の中で原子炉の真下まで見通してきました。

 といっても、事故を起こしていない5号機の原子炉格納容器ですが、ロボットを投入した2号機と同型のもので、どのような場所をロボットが走行して、どんな場所に核燃料が溶け落ちた穴が開いているのか、どこでロボットが停止してしまったのか、よくわかりました。

 詳細は、本日発売の『サンデー毎日』3月5日号にてルポしています。

 それにしても、原子炉格納容器の中に入れてもらえるとは、とても貴重な体験をしたものだと自分でも驚いています。


全国で甲状腺がん急増中!

 因みに、福島第一原子力発電所の事故の翌年度から、老若男女を問わず全国で甲状腺がんが急増しています。
 それについては、先週発売の同誌2月26日号で詳報しています。
 データを表にまとめたものもありますから、よかったらのぞいてみてください。

http://mainichi.jp/sunday/

『日本は米国の植民地である』

「サンデー毎日」今週発売号まで3回に亘って短期集中連載されていたものです。
 毎日新聞のサイトに転載されています。


【「食の植民地」ニッポン】
http://mainichi.jp/ch170151656i/%E3%80%8C%E9%A3%9F%E3%81%AE%E6%A4%8D%E6%B0%91%E5%9C%B0%E3%80%8D%E3%83%8B%E3%83%83%E3%83%9D%E3%83%B3


○食料は〝第3の武器〟である
○カドミウム、ヨーネ菌を巡る食の安全の〝治外法権〟ダブルスタンダード
○「TPPは国家百年の計」と言っていた安倍首相は本当に〝保守〟か?

 結局のところ、日本は米国のいいなりにならざるを得ない植民地ではないのか!?

 まとめて読むと、また違った光景が浮かび上がってくるはずです。


寂しいような、嬉しい話 〜お祝いのメッセージに代えて

 昨夜、久しぶりに大学時代の友人と電話で会話した内容のあらましです。

友人「昨日、今日とな、上の息子がセンター試験やったんや」

小生「ほう。もうそんな年になったか」

友人「それが前日に熱を出して大騒ぎして……」

小生「それで、結果はどうだったんだ?」

友人「数学を失敗したと言っとったぞ」

小生「国立志望なのか? どこを狙っているんだ?」

友人「それは言えない」

小生「どうして?」

友人「いや、もしものことを考えると……」

 それが親心というものなのでしょうか。それにしても、いい歳になったものです。

友人「ところで、W(※実名ファーストネーム)から結婚の報告はあったか?」

小生「ない」

 Wくんは、高校時代にいっしょに水泳をしていた後輩で、いまは役者をしています。
 大学時代にこの友人に紹介してから、共通の知り合いになっています。
 このWくんが結婚したという情報は、昨秋この友人から伝えられました。
 ところが、本人からその報告がない。

小生「巨人の坂本もテレビで怒っていたらしいな。岡本が結婚したのに、村田や長野には電話があって、俺や実松さんには挨拶がない、って。結婚の報告って、やっぱり大事なのかな。坂本の気持ちもわかる気がする」

友人「なんで、お前に報告ないんかな」

小生「そう言えば、年賀状は来てた。そこに和装のあいつと女性が並んで座っている写真があって、『結婚しました』って書いてあった」

友人「え? それだけ?」

小生「六分儀ゲンドウ、か!? と思ったよ」

友人「なんだ?」

小生「エヴァ、観てないのか?」

友人「テレビ版だろ? そんなシーンあったか?」

小生「ファーストインパクト後の南極海の洋上で、結婚して苗字が〝碇〟に変わりました、って葉書を差し出して報告するシーン」

友人「そんなんあったかな……」

小生「あいつとは、毎年会ってたんだけど、一昨年だったかな。引っ越したと言うから、事情を聞いたら、女の人と暮らしはじめたと言っていた。それがあいつに会った最後だったな」

友人「え? 同棲してたんか」

小生「普通に会社勤めしている一般の女性だと聞いたけど」

友人「だから、お前に紹介したくないんちゃう?」

小生「それと結婚の報告は違うだろ。いっしょに暮らすのと入籍も違う」

友人「それはそやな」

小生「なんだか、祝う気も失せたわ……」

友人「ちょっと、酷いな」

小生「だけどな、考えようによっては、報告がないのは、いいことかも知れない」

友人「なんで?」

小生「つまり、他の人間にはかまっていられない、ふたりだけの世界ができたということだよ。お互いのことを考えるだけで、いっぱい、いっぱい。そこに俺のことを相手にする余地もない」

友人「ああ、幸せってことか」

小生「独りじゃなくなった、ということだよ」

友人「まあ、なぁ……」

小生「あいつも、向こうの世界にいったか……」

友人「向こうの世界?」

小生「誰も立ち入ることのできないふたりの世界。入る必要もない別世界」

友人「そういうことか……」

小生「そう思うと、嬉しくもあるけどな」

友人「フン!……(鼻で笑う)」

小生「そういえば、あいつ、『シン・ゴジラ』にも出てたしな」

友人「ああ、らしいな」

小生「観た?」

友人「観たけど、気付かんかった」

小生「テレビでも、松本潤の主演のドラマにも出てて、榮倉奈々にプロレス技かけられてた」

友人「そういえばさ、スター・ウォーズの新しいの観た?」

小生「スピンオフのやつだろ?」

友人「ディズニーの商魂の逞しさなんやけど、そこにレイア姫が出ててな……」

小生「ああ、レイア姫も死んじゃったな」

友人「死んだ、死んだ。あれ、あのすぐあと母ちゃんも死んだだろ」

小生「死んでた!」

友人「それでな……」

 たわいもないふたりの会話は続くのであった。

 お幸せに。

プロフィール

あおぬまよういちろう

Author:あおぬまよういちろう
【青沼陽一郎】
「ジャーナリスト」(週刊文春・週刊新潮)と呼ばれたり、
「ノンフィクション作家」(週刊現代)と呼ばれたり。
 日本文藝家協会・会員名簿には「作家・ジャーナリスト」とある。
 著書に『池袋通り魔との往復書簡』『オウム裁判傍笑記』(小学館文庫)『食料植民地ニッポン』(小学館)『裁判員Xの悲劇』(講談社)『私が見た21の死刑判決』(文春新書)『帰還せず-残留日本兵六〇年目の証言-』(新潮文庫)など。
 映像ドキュメンタリーに『虚像の神様〜麻原法廷漫画〜』シリーズ。

ぜぜ−ひひ【是々非々】
 よいことはよい、悪いことは悪いと公平な立場で判断すること。
「 是を是とし非を非とす る、之を知と謂い、是を非とし非を是とする、之を愚と謂う」『荀子』修身より

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR