バカでもわかる茨城県の嘘と〝産地偽装〟実態

 2週間を過ぎても、相変わらず愚かな文書を掲示していますので、
 この文書における茨城県の主張の矛盾を指摘しておきます。

茨城県公式ホームページ http://www.pref.ibaraki.jp/
掲載文書 http://www.pref.ibaraki.jp/nourin/gyosei/joseijishin.pdf

 同文書の中には、明確に操業自粛海域の存在を示しています。
 すなわち、以下の文面です。

1.底びき網漁船の操業について
 本県の底びき網漁業は、平成23年9月以降、漁業者の申し合わせにより、福島県境から北緯36度38分(日立市川尻町付近)までの海域(南北で約24km)での操業を全面的に自粛しております。このため、これらの海域で、底びき網漁業によって漁獲した魚が水揚げされることはありません。


 さて、そこでこの文書が掲示されている茨城県の公式ホームページを覗いてみましょう。
 ここに「茨城県農林水産物モニタリング情報」とするものがあります。

 トップページからは以下のように、たどってください。
 トップページ→「東日本大震災情報」→「茨城県では、定期的に放射線についての数値を確認しお知らせしています。【大気・農産物・畜産物等】」→「茨城県農林水産物モニタリング情報」→「モニタリング情報を検索」

 ここから「魚類(海水面)」とある場所をクリックすると、
 茨城県の漁港で水揚げされた海産物のモニタリング検査の結果が表示されています。

茨城県農林水産物モニタリング情報 http://www.ibaraki-rdtest.jp/Monitoring/categorysearch

 ここをよく見てください。
「品目名」と並んで「産地名」という表示があります。
「品目名」は言うまでもなく魚の種類。
「産地名」はその魚を獲った海域のことですね。
 その「産地名」をたどってみると、
「北茨城市沖」とあるのにお気づきでしょうか。
 地図で確認してみましょう。
「北茨城市」というのは、日立市より北に位置しています。
 もうバカでもわかりますね。
 上記文書の引用箇所、すなわち、「北緯36度38分(日立市川尻町付近)までの海域」より北で魚を獲っていることになります。
 これは明らかに矛盾です。
 同じホームページ上に掲載されている当該文書が〝嘘〟ということになります。

 他にも「高萩市沖」とする「産地名」表示があり、
 これもまた地図で確認すると日立市より北にあたります。
 〝嘘〟の上乗せですね。
 ここまでくると、もはや異常です。

 一方で「産地名」に「北茨城市沖」「高萩市沖」とあり、
 一方でその海域での漁獲はないとするのであれば、
 どちらにしても、これは明らかな「産地偽装」にあたります。

 ぼくの取材や原稿の内容を否定するのであれば、
 正確に水揚げ港を基準とした検査品目並びに採取日の情報を公開すべきです。
 そうすれば、このモニタリング情報に記載されている品目数や採取日からして、
 まず1週間に1度も検査が行われていない港や、
 除外されている魚種もいくつか見えて来るはずです。
 やがて茨城県の主張の嘘や、検査の杜撰さも明らかになってくるでしょう。

 茨城県のホームページでは〝全国ランキング47位の県〟であることを自虐として全面に押し出していますが、洒落になりません。
 このイメージ戦略も、県内から批判の声が挙がっているようですが(先日、テレビの報道番組が伝えていました)、
 個人的には、こんなことを平気でやっているこの行政体は、本当にレベルが〝47位〟なのではないかと思います。下品に見えます。
 県民どころか国民を愚弄しています。
 もっと真摯な態度が求められます。


スポンサーサイト
プロフィール

あおぬまよういちろう

Author:あおぬまよういちろう
【青沼陽一郎】
「ジャーナリスト」(週刊文春・週刊新潮)と呼ばれたり、
「ノンフィクション作家」(週刊現代)と呼ばれたり。
 日本文藝家協会・会員名簿には「作家・ジャーナリスト」とある。
 著書に『池袋通り魔との往復書簡』『オウム裁判傍笑記』(小学館文庫)『食料植民地ニッポン』(小学館)『裁判員Xの悲劇』(講談社)『私が見た21の死刑判決』(文春新書)『帰還せず-残留日本兵六〇年目の証言-』(新潮文庫)など。
 映像ドキュメンタリーに『虚像の神様〜麻原法廷漫画〜』シリーズ。

ぜぜ−ひひ【是々非々】
 よいことはよい、悪いことは悪いと公平な立場で判断すること。
「 是を是とし非を非とす る、之を知と謂い、是を非とし非を是とする、之を愚と謂う」『荀子』修身より

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR