幼い命が奪われるということ

ある夏休みの体験
 ぼくが小学生だった頃、夏休み中にクラスメイトの女の子の弟が行方不明になる、ということがありました。
 同じ小学校に通っていたこともあって、母親も連日のように捜索に出かけていたことを覚えています。
 その数日後、彼の遺体が毛布にくるまれてダムに浮いているのが発見されました。
 犯人はすぐに捕まっています。彼の(そして、ぼくのクラスメイトの)家に出入りしていた業者の男だったように記憶しています。
 短い夏休みが明けて登校すると、ぼくの隣の席はしばらく空になっていました。
 ちょうど、1学期が終了して夏休みに入る直前の日、放課後にその姉弟といっしょでした。グランドで追いかけっこをして、年長でありながらぼくは低学年の彼に追いつけなかった。それをお姉さんが見て、弟の足の速さを誇らしげに語り、そしてぼくの鈍足ぶりをみんなで笑っていたのに。
 夏休み前の記憶は、いまでもはっきり残っているのに、明けたあとの記憶というのは、ほとんどありません。
 あの時、その事実をどう受け止めたのか。教室にぽつんと空いた席と、ぼくの知っている男の子が殺されてしまったこと。
 そして、再び彼女が教室に姿を見せたとき、どのように迎え入れたのか。
 不思議とよく覚えていません。
 子どもながらに気を遣ったつもりで、何事もなかったようにしていたことが、記憶を遠ざけることになったのかも知れません。
 彼女とは卒業までいっしょでしたけど、いままで通りに登校していましたしね。笑顔もそのままだった。


 神戸市長田区の小学1年生の女の子が、今月11日から行方不明になり、自宅近くの雑木林から、バラバラにされて遺体が見つかった事件。
 こういう事件に接する度に、そして歳を重ねるにつれて、傷ましさが身に染みる。
 そして、あの時のぼくがどうやって事態を受け入れていったのか、それが思い出せないことのほうが、なんだか大切ななにかを胸の奥に閉じ込めているような気がして、重くのしかかる。
 いま、殺された女の子と同じ学校に通う子どもたちや、彼女を知るお友達たちは、どんな気持ちでいるのかな?
 教育現場にいる大人たちは、決まり台詞のように「心のケア」なんて口にするけど、大人にできることなんてなにもないような気がする。
 子どもたちにできることといえば、日常を生きることくらい。何事もなかったように生活すること。子どもたちの知恵。
 それより、本当に心のケアが必要になるのは、彼や彼女たちが大人になったとき。過去の事件と向き合おうとしたとき。
 その時に、はじめて重荷を背負ったことを感じるのかも知れません。


スポンサーサイト

このブログの原点

朝日新聞もさることながら……
 朝日新聞の「従軍慰安婦」「吉田調書」を巡る報道の問題。
 それを強く批判する週刊誌をはじめとするメディア。

 今回の朝日新聞のやらかしたことと、まったく同じことをやっているのが、森達也という人なのです。
 森達也の『A3』なのです。

 ちょうど明日で、このブログが立ち上がって3年になります。
 そのきっかけは、森達也の『A3』に講談社ノンフィクション賞が与えられてしまったこと。そして、これに抗議の声を挙げたこと。3年前の9月のことになります。
 いうなれば、朝日新聞の「従軍慰安婦」報道、「吉田調書」スクープに、賞を与えて表彰してしまうようなものです。
 だからこそ、抗議を起こしたのに。虚偽報道が歴史になってしまうことを避けたかったから、声を挙げたのに。

 朝日新聞が森達也をやたらに紙面に出したがるのもわかる気がします。類は友を呼ぶ。蛇の道は蛇。もはや、同じ体質なのでしょう。

 森達也という人の言説の問題点はこのブログの最初から詳細に残しています。
 抗議書も添付してあります。

 もう一度、見直していただきたい原点です。

http://aonumazezehihi.blog.fc2.com/blog-entry-1.html


池上彰の朝日新聞コラム掲載拒否〜そんなことなら他の新聞社だってやっている!!

コラム掲載拒否なんて、他の新聞社でもやってるじゃないか!!
 池上彰の朝日新聞連載コラム掲載拒否問題。

http://sankei.jp.msn.com/life/news/140902/trd14090223300015-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/140903/ent14090320490014-n1.htm
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140903/k10014324831000.html
http://www.yomiuri.co.jp/national/20140903-OYT1T50185.html

 あえて、どこの新聞社とは言わないけれど、
 2年前の春、まったく同じこと、コラム掲載拒否をぼくは体験しています。

 月1回のペースでコラム連載が決まっていました。
 その条件は「自由に何を書いてもいい」「そのかわり、辛口で描いてくれ」というもの。
 顔写真入りの表題レイアウトまで出来上がっていました。
 ところが、「何を書いてもいい」というから、迷いながらも第1回目の原稿を書き上げて入稿したところ、ボツに!「ウチでは掲載できない」という理由。
 そこで、すぐに代わりの原稿を、と求められて、違うことを書き上げれば、こんどはゲラに赤字を入れて(つまり、原稿の修正をして)きた。
 結局、ぼくのコラム連載は幻に……。

 そんな新聞社が、よくぞ、今回の出来事を紙面で取り上げて、批判できるものだな!

 ……と思います。まあ、筋違いというか、恥知らずというか……。
「何を書いてもいい」という条件は、池上氏のケースとまったく同じです。
 本当にイヤな思いをしているし、当時、手元に送られて来た「企画書」も幻のゲラもちゃんととってあります。


その昔、三島由紀夫も掲載拒否されていた!
 ただ、その昔は三島由紀夫も新聞コラムの掲載を拒否されたことがあったようです。
 林房雄との対談の中で、「危険な思想」について触れ、「一度、原爆のことを新聞に書いたら没になった」と発言しています。
 詳細はわかりませんが、ともかく、三島の原稿すら拒否する編集権は確固としていたのでしょう。

 そこへいくと、朝日新聞の編集権とはなんなのでしょう。
 最初に、池上彰の原稿を拒否した礎はどこにあったのか。


朝日新聞の犯した本当の過ち
 それから、本人が連載の打ち切りを打診し、
 そのことが公になると、一転、掲載に踏み切る。
 一般読者からの問い合わせや、内部批判も高まったのでしょう。
 ですが、この姿勢こそが一番危険であり、問題だと思います。

 極端なことを言えば、
 「戦争反対!」を唱えていても、世間の風潮が「やむなし」「賛成」にまわれば、それはたちまち「戦争支持」に転向してしまうことだって考えられる。
 池上彰でないにしろ、大きな影響力や権力をもつ存在から、外圧がかかれば、「判断が間違っていました」と謝罪し、屈してしまうのでしょうか。
 まるで戦前の新聞と同じ。独立したメディア機関として、もはや機能していない。
 もはや、典型的ポピュリストの原点を示してしまったに等しい。

 その証拠をもうひとつ。
 6日付け紙面に掲載された「謝罪文」には、自称「多様な言論を大切にする朝日新聞」と公言していますが、トンでもない!

http://www.asahi.com/articles/ASG956K76G95ULZU019.html
http://www.huffingtonpost.jp/2014/09/05/akira-ikegami-asahi-column_n_5775870.html

 このブログでも、繰り返し指摘していますが、
 ぼくはかつて、『週刊朝日』にも原稿を寄稿していました。朝日新聞社の入館証を持たされるほどでした。
 それがあるとき、その誌上に「捏造原稿」を見つけた。
 そのことを指摘すると、記事の訂正をするどころか、以来、ずっとぼくが干されている。
 それどころか「お前のほうがおかしい」まで言われて、いわば内部告発者を締め出しにかかった。卑劣な媒体。いまでいう「ブラック企業」。

『真っ当に生きるということ』
http://aonumazezehihi.blog.fc2.com/blog-entry-20.html
『『朝日新聞』という「掃き溜め」の論理』
http://aonumazezehihi.blog.fc2.com/blog-entry-47.html

 従軍慰安婦問題と同じ構図。過ちを放置し、人を傷つけて平然としている。
 そのことは、当時の『諸君!』(文藝春秋)という雑誌にも掲載して、問題提議をしています。
 ですが、今回のように大騒ぎにならなければ、問題解決の姿勢すらみせない。
 多様な言論すら封殺しているじゃないか!

 某新聞社もいっしょ。「なんでも書いていい」といいと多様性を強調しながら、テーマによっては掲載を見合わせる、原稿をボツにする。言論の自由や多様性どころか、最初の条件提示と違うのだから、これはもはや詐欺に近い。


編集権の侵害と隠匿体質
 池上彰は、「今回は過ちを認めたから」を理由に一転、掲載を認めていましたが、捏造事実の真贋を確認して過ちを認めるのと、オピニオン的コラム掲載を拒否するのとでは、意味が違う。
 朝日新聞は、商業偏重、外圧に靡いて編集判断を撤回するというとても危険な過ちを犯してしまった。
 結果的にそうなっている。
 これからは、池上彰が「連載をやめる」のひとことで、彼の言説に歯止めがかからなくなることだって起こり得る。
 朝日新聞は「謝罪文」を載せることで、本質的な問題点を隠匿してしまったようにしか思えない。

 記録的な猛暑が続いた昨年の夏。朝日新聞をはじめ各紙は、熱中症に関する記事と注意を呼び掛けていました。
 ですが、朝日新聞社が主催する全国高校野球選手権大会(夏の甲子園大会)では、甲子園で何人が熱中症で搬送されたか、一切、公表しなかった。
 デング熱の都市感染を予測した昨夏の『文藝春秋』掲載原稿の取材で知りました。
 昨年ほどの猛暑ではないにしても、おそらく今年もそうでしょう。
「多様な言論を大切にする」どころか、都合の悪い事実は隠匿する体質は、相変わらずですね。


ジブリ文庫『紅の豚』本日発売! 〜え?なぜって……

本日発売!【文春ジブリ文庫シリーズ】:ジブリの教科書『紅の豚』|文春文庫|
 寄稿しています。
 真面目な論評です。

ジブリの教科書7『紅の豚』文春文庫
文春ジブリ文庫『紅の豚』
http://bunshun.jp/bunko/ghibli/kyokasho/kurenai.html


え? なぜ、ぼくと宮崎駿作品や『紅の豚』と関係があるのか?

 忌憚なく言えば、
 ぼくは「アニメクリエーター」にして「アニメ監督」です。
 それに声優(特異な役柄ですが)までやっています。
 嘘ではありません。
 過去にはこんな映像アニメ作品を手掛けてきました。知る人ぞ、知る……

『虚構の神様〜麻原法廷漫画シリーズ』(フジテレビ系)
『麻原法廷漫画』より(1)

『ドキュメント・アニメ 小沢法廷』2012.4.29放送(同)
『ドキュメント・アニメ 小沢法廷』より

『逃亡17年の男〜麻原法廷漫画』平田信編2014.3.23放送(同)
平田-2


 そんな次第で、「自称〝ノンフィクション界の宮崎駿〟」を自称していたら、こういうことになりました。

 もちろん、ぼくの過去の作品(文筆も含めて)に評価をいただいたからこそ、なのでしょうけど……。
 有り難いことです。

「飛ぶねぇ豚は、ただの豚だ」(ポルコ・ロッソ)
「空は飛べないけど、映像作家、アニメ作家もやらせていただいております」(……)



オウム裁判傍笑記(※因みに、こちらの表紙も……)
http://www.shogakukan.co.jp/books/detail/_isbn_9784094026979
プロフィール

あおぬまよういちろう

Author:あおぬまよういちろう
【青沼陽一郎】
「ジャーナリスト」(週刊文春・週刊新潮)と呼ばれたり、
「ノンフィクション作家」(週刊現代)と呼ばれたり。
 日本文藝家協会・会員名簿には「作家・ジャーナリスト」とある。
 著書に『池袋通り魔との往復書簡』『オウム裁判傍笑記』(小学館文庫)『食料植民地ニッポン』(小学館)『裁判員Xの悲劇』(講談社)『私が見た21の死刑判決』(文春新書)『帰還せず-残留日本兵六〇年目の証言-』(新潮文庫)など。
 映像ドキュメンタリーに『虚像の神様〜麻原法廷漫画〜』シリーズ。

ぜぜ−ひひ【是々非々】
 よいことはよい、悪いことは悪いと公平な立場で判断すること。
「 是を是とし非を非とす る、之を知と謂い、是を非とし非を是とする、之を愚と謂う」『荀子』修身より

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR