少しはお役に立てているのかな? TPP国会審議

 昨日、今日と審議が続いた衆院TPP特別委員会。
 質疑に立った民進党や日本維新の会の野党議員さんたちが、

「成長促進ホルモン剤」
「ラクトパミン」
「遺伝子組み換え作物」

 について取り上げ、安倍晋三首相に迫っていました。
 その内容は『サンデー毎日』に「TPPの罠」として連載しているぼくの原稿に書いたことといっしょでした。

 牛に使われる成長促進ホルモン剤、豚に使われるラクトパミンは、連載の第1回にまとめたもの。

http://mainichibooks.com/sundaymainichi/society/2015/12/27/post-541.html

 遺伝子組み換え作物については、先週から短期連載をはじめたものでした。

http://mainichi.jp/sunday/articles/20161010/org/00m/020/001000d

 少しは社会の役に立っているのかな。

 本日発売の同誌には、TPP、遺伝子組み換え作物に関連して、

「トランス脂肪酸」

 について書いています。
 トランス脂肪酸は、動脈硬化を招いて心疾患を引き起こすばかりでなく、子どものアレルギーにも、妊産婦の死産にも影響を与えるものです。
 米国では厳しく規制されています。
 ところが、日本では野放しの状態。
 その理由についても触れています。

スポンサーサイト
プロフィール

あおぬまよういちろう

Author:あおぬまよういちろう
【青沼陽一郎】
「ジャーナリスト」(週刊文春・週刊新潮)と呼ばれたり、
「ノンフィクション作家」(週刊現代)と呼ばれたり。
 日本文藝家協会・会員名簿には「作家・ジャーナリスト」とある。
 著書に『池袋通り魔との往復書簡』『オウム裁判傍笑記』(小学館文庫)『食料植民地ニッポン』(小学館)『裁判員Xの悲劇』(講談社)『私が見た21の死刑判決』(文春新書)『帰還せず-残留日本兵六〇年目の証言-』(新潮文庫)など。
 映像ドキュメンタリーに『虚像の神様〜麻原法廷漫画〜』シリーズ。

ぜぜ−ひひ【是々非々】
 よいことはよい、悪いことは悪いと公平な立場で判断すること。
「 是を是とし非を非とす る、之を知と謂い、是を非とし非を是とする、之を愚と謂う」『荀子』修身より

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR