【個人史】真田丸とアオヌマと仙台と静馬と水泳教室

『真田丸』に思うこと

 昔から自己紹介をして「あおぬま……」と名乗ると、

「え!? 〝アオヌマ〟っていう苗字の人って、ホントに居たんだ!」
「〝アオヌマ〟っていえば、青沼静馬しか知らなかった!」
「架空の名前だと思っていた!」

 よく、そんなことを言われました。
 青沼静馬といえば、角川映画の記念すべき第1作ともなった横溝正史の小説『犬神家の一族』の登場人物です。
 当時の映画のポスターにも哀れな格好で写し出されています。

 小説や映画の舞台となったのは長野県です。
 ぼくの出生地といっしょです。
 だから、長野には他にも「青沼」という苗字の人はいました。
 聞き及んだところによると「青沼」という名前は、武田信玄で知られる武田家に通じているようで、長野にそういう苗字の人がいてもおかしくはないな、とは思っていました。

 ところが、あるとき長野の出身でない「青沼」という人と遭遇したことがありました。
 仙台の人でした。
 たまたま乗車した東京のタクシーの運転手さんの乗務員証を見て、てっきり長野の出身と思って話かけると、違いました。
「仙台には、〝アオヌマ〟っていう人は、けっこう居ますよ」
 そう言われて、また驚きました。

 さて、NHK大河ドラマ『真田丸』もいよいよ大詰め。
 最終回でその場面がやって来るかと思っていましたが、その前に決着してしまいました。
 大阪夏の陣で討ち死にする真田幸村の子どもたちは仙台の伊達家に引き取られていきます。
 なるほど、そこから〝アオヌマ〟が仙台に流れて行ってもおかしくはない。
 武田と真田と伊達。長野と仙台を結ぶ点と線。

 そう言えば、ぼくは高校時代に水泳で全国大会に出ていますが、その水泳をはじめたのは幼稚園で仲の良かった〝アベ〟くんという人が、水泳教室(当時は「スイミングスクール」なんて横文字は使っていませんでした)に通いはじめたことがきっかけでした。
 ところが、同じ教室に通いはじめてすぐに、アベくんはお父さんの仕事の関係で仙台に引っ越して行ってしまった。それで生まれてはじめて仙台という地名を知りました。
 その後、小学校に入学して席順の関係で最初に仲良くなったのが〝信之〟くんでした。
 いまにして思うと、嘘のような本当の話です。

 因みに、大島にも〝アオヌマ〟という人は多いそうです。
 当地に赴任していた警視庁の職員さんから聞きました。
 こちらは、ひょっとすると……。

 いずれにしても、筋を通した生き方はしたいですね。


スポンサーサイト

酷すぎる!『週刊新潮』のパクリ記事!

 『週刊新潮』12月8日号に掲載されている以下のタイトルの記事。

『オウム麻原彰晃、死刑執行なら始まる「遺骨争奪」と「古墳づくり」狂騒』

 今朝からネットの「デイリー新潮」に掲載され、Yahoo!ニュースにも転載されています。

http://www.dailyshincho.jp/article/2016/12150559/?all=1

『週刊新潮』2016年12月8日号
『週刊新潮』2016年12月8日号 ※画像はクリックすると拡大します


 これ、明らかに『サンデー毎日』9月25日号に掲載された記事のパクリです! ぼくの書いた署名原稿です。

『〔「無期懲役」高橋克也被告の控訴棄却〕「麻原彰晃死刑囚」たちの「執行Xデー」カウントダウン!』
http://mainichibooks.com/sundaymainichi/backnumber/2016/09/25/

『サンデー毎日』2016年9月25日号①
『サンデー毎日』2016年9月25日号 ※画像はクリックすると拡大します
『サンデー毎日』2016年9月25日号②
同誌面 記事の構成までいっしょです! ※画像はクリックすると拡大します


 コンセプトから取材対象者までいっしょ!
 原稿構成におけるコメント引用の仕方、その台詞まで酷似しています。

 みなさん、これは酷すぎると思いませんか!?
 良識に欠けています。
 もはや「泥棒」に近い。

トランプ次期米国大統領が暴き出す習近平国家主席の米国ホームステイの過去

 今朝、飛び込んできたニュースにちょっと興奮しています。

 トランプ次期米国大統領が、次期駐中国大使にアイオワ州のテリー・ブランスタッド知事を起用することを決めたというもの。
 その理由に彼は習近平国家主席の「旧友」であることを挙げています。

 ブランスタッド氏が習国家主席と知り合ったのは、アイオワ州知事の1期目だった1985年。当時、地方官僚だった習氏が交流プログラムの一環として同州を訪れた時のことだった。以来、2人の交流は続き、2012年に習氏が国家副主席として訪米した際にも面会している。(CNN)

http://www.cnn.co.jp/usa/35093397.html

 アメリカメディアによりますと、ブランスタド氏は30年余り前の1985年に、当時、河北省の農村部の幹部としてアイオワ州を訪れた習近平氏と出会ったということです。習主席は4年前に中国の最高指導者に就く直前に国家副主席として訪米した際にもアイオワ州を訪れています。その際にはブランスタド氏が夕食会を行うなど、両者は交流を続けていて、ブランスタド氏は習主席を「古い友人」だとしています。(NHK)

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161208/k10010799181000.html


 習近平国家主席が1985年にアイオワ州を訪れたとき、実は〝子ども部屋〟にホームステイしています。
 しかも、どうやら彼はトム・ソーヤーに憧れていたらしく、
「マーク・トウェインの小説を読んで、それがとても気に入って、ミシシッピ川を一度は見てみたかった」
 と、いまの厳格な政治姿勢からは予想もできないことを、ホストファミリーに語っています。

 その当時の模様については、ぼくが小学館ウェブマガジン「BOOK PEOPLE」に連載中の『侵略する豚』に詳しく書いています。
 2012年の再訪の事情にも触れています。
 おもしろい話ですので、覗いてみてください。

第33回 子ども部屋の国家主席
http://bp.shogakukan.co.jp/pork/vol33.html
第34回 トム・ソーヤーとハックルベリィ・フィンと習近平
http://bp.shogakukan.co.jp/pork/vol34.html


 同時に、ここ最近の掲載画面には習近平国家主席が青年だったころの貴重な写真も見ることができます。

http://bp.shogakukan.co.jp/


 なお、トランプ氏が大統領になった理由については、やはり現在連載中の「日刊ゲンダイ」の書評コラムで触れています。

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/book/194759

 いろんなことが結びつくものですね。

 自分の仕事の宣伝までに。

プロフィール

あおぬまよういちろう

Author:あおぬまよういちろう
【青沼陽一郎】
「ジャーナリスト」(週刊文春・週刊新潮)と呼ばれたり、
「ノンフィクション作家」(週刊現代)と呼ばれたり。
 日本文藝家協会・会員名簿には「作家・ジャーナリスト」とある。
 著書に『池袋通り魔との往復書簡』『オウム裁判傍笑記』(小学館文庫)『食料植民地ニッポン』(小学館)『裁判員Xの悲劇』(講談社)『私が見た21の死刑判決』(文春新書)『帰還せず-残留日本兵六〇年目の証言-』(新潮文庫)など。
 映像ドキュメンタリーに『虚像の神様〜麻原法廷漫画〜』シリーズ。

ぜぜ−ひひ【是々非々】
 よいことはよい、悪いことは悪いと公平な立場で判断すること。
「 是を是とし非を非とす る、之を知と謂い、是を非とし非を是とする、之を愚と謂う」『荀子』修身より

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR