福島第一原発の原子炉格納容器の中に入って来ました!

福島第一原子力発電所の原子炉格納容器の中に入りました!

 先週、福島第一原子力発電所の原子炉格納容器の中に入ってきました。
 格納容器の中で原子炉の真下まで見通してきました。

 といっても、事故を起こしていない5号機の原子炉格納容器ですが、ロボットを投入した2号機と同型のもので、どのような場所をロボットが走行して、どんな場所に核燃料が溶け落ちた穴が開いているのか、どこでロボットが停止してしまったのか、よくわかりました。

 詳細は、本日発売の『サンデー毎日』3月5日号にてルポしています。

 それにしても、原子炉格納容器の中に入れてもらえるとは、とても貴重な体験をしたものだと自分でも驚いています。


全国で甲状腺がん急増中!

 因みに、福島第一原子力発電所の事故の翌年度から、老若男女を問わず全国で甲状腺がんが急増しています。
 それについては、先週発売の同誌2月26日号で詳報しています。
 データを表にまとめたものもありますから、よかったらのぞいてみてください。

http://mainichi.jp/sunday/

スポンサーサイト

『日本は米国の植民地である』

「サンデー毎日」今週発売号まで3回に亘って短期集中連載されていたものです。
 毎日新聞のサイトに転載されています。


【「食の植民地」ニッポン】
http://mainichi.jp/ch170151656i/%E3%80%8C%E9%A3%9F%E3%81%AE%E6%A4%8D%E6%B0%91%E5%9C%B0%E3%80%8D%E3%83%8B%E3%83%83%E3%83%9D%E3%83%B3


○食料は〝第3の武器〟である
○カドミウム、ヨーネ菌を巡る食の安全の〝治外法権〟ダブルスタンダード
○「TPPは国家百年の計」と言っていた安倍首相は本当に〝保守〟か?

 結局のところ、日本は米国のいいなりにならざるを得ない植民地ではないのか!?

 まとめて読むと、また違った光景が浮かび上がってくるはずです。


プロフィール

あおぬまよういちろう

Author:あおぬまよういちろう
【青沼陽一郎】
「ジャーナリスト」(週刊文春・週刊新潮)と呼ばれたり、
「ノンフィクション作家」(週刊現代)と呼ばれたり。
 日本文藝家協会・会員名簿には「作家・ジャーナリスト」とある。
 著書に『池袋通り魔との往復書簡』『オウム裁判傍笑記』(小学館文庫)『食料植民地ニッポン』(小学館)『裁判員Xの悲劇』(講談社)『私が見た21の死刑判決』(文春新書)『帰還せず-残留日本兵六〇年目の証言-』(新潮文庫)など。
 映像ドキュメンタリーに『虚像の神様〜麻原法廷漫画〜』シリーズ。

ぜぜ−ひひ【是々非々】
 よいことはよい、悪いことは悪いと公平な立場で判断すること。
「 是を是とし非を非とす る、之を知と謂い、是を非とし非を是とする、之を愚と謂う」『荀子』修身より

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR