不見識!産経新聞にボツにされた幻のコラムを公表します!

産経新聞にボツにされた幻のコラムを公表します!

 我慢していてもなにもいいことはないし、その後のフォローも穴埋めもまったくなく、ちょうど2年が経ったので、産経新聞に掲載が予定されながらボツにされた幻のコラムを公表します。

 ちょうど2年前の4月から、産経新聞で連載開始が予定されていたぼくのコラムの第1回目のゲラです。

「取り上げる内容はなんでもよい」「そのかわり辛口で書いてくれ」
 というのがコラム執筆の条件でした。(なんなら、企画書を公表しても構いません。)

 ところが、以下のとおりゲラまで出来上がって、ボツにしたのです。
 その理由というのが、

「ウチはTPP賛成派だから」

 昨夏、朝日新聞が池上彰さんの従軍慰安婦問題に関する自社に批判的なコラムをボツにしたことを、猛烈に批判したのが産経新聞でした。
 まったく同じことを、産経新聞はやっています。
 池上さんのコラム内容の条件も「なんでもいい」ということだったといいます。


幻のコラム第1回
(※画像はクリックすると拡大します。)


 産経新聞からは、このコラムをボツにしたあと、別のテーマでの書き直しを求められました。
 そこで「テーマは本当になんでもいいのか」と念を押したところ「TPP以外ならなんでもいい」というので、別のものを執筆しました。
 そうしたら、今度は、

「ウチは原発推進派だから」

 という理由で赤字を入れてきました。(なんなら、そのゲラも公表しても構いません。)

 もう、こんなに酷い話もなく、こちらから降ろさせていただきました。
 その意向を伝えたときの担当者は「あ、そうですか」の一言で電話を切りました。
(池上さんは、いまも朝日新聞の連載を続けているようですが……)

 さて、あらためて公表する幻のコラムですが、よくみていただきたいのは、その中味です。

 このコラムがボツにされた直後から、安倍政権は農業の「六次産業化」を唱え、周知の通り、ついには農協改革に着手しています。
 TPPの推進と同時に、きっちり農業改革にも力を注いでいます。

 いったい、このコラムのどこにボツにされる理由があったのか!?

 ぼくには皆目見当もつきません。
 不見識もいいところです。
 いや、もはや横暴です。

 因みに、このコラムと、それにそのあとに書き直して掲載もされなかったコラムの2本。
 執筆の対価は、一切支払われていません。
 まさに詐欺のような話です。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あおぬまよういちろう

Author:あおぬまよういちろう
【青沼陽一郎】
「ジャーナリスト」(週刊文春・週刊新潮)と呼ばれたり、
「ノンフィクション作家」(週刊現代)と呼ばれたり。
 日本文藝家協会・会員名簿には「作家・ジャーナリスト」とある。
 著書に『池袋通り魔との往復書簡』『オウム裁判傍笑記』(小学館文庫)『食料植民地ニッポン』(小学館)『裁判員Xの悲劇』(講談社)『私が見た21の死刑判決』(文春新書)『帰還せず-残留日本兵六〇年目の証言-』(新潮文庫)など。
 映像ドキュメンタリーに『虚像の神様〜麻原法廷漫画〜』シリーズ。

ぜぜ−ひひ【是々非々】
 よいことはよい、悪いことは悪いと公平な立場で判断すること。
「 是を是とし非を非とす る、之を知と謂い、是を非とし非を是とする、之を愚と謂う」『荀子』修身より

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR