戦後70年と安保騒動のいまだからこそ

戦後70年と安保騒動
 このところの安保法制の論議もさることながら、それにまつわる〝騒動〟を観ていて思うことがあります。
 渦中にある人たちは、戦争とはなにかを知っているのだろうか。
 日本の体験した戦争の側面だけでも触れているのだろうか。
 あの戦争を体験した人たちは、なにを思うのだろうか、と。

 ぼくも戦後生まれの世代。最初は戦争というものを知りませんでした。
 来週は終戦70年の節目を迎えます。
 だからこそ、いま、より多くの人に読んで欲しい作品。
 10年前に出逢った人たちの記録です。

『帰還せず 残留日本兵六〇年目の証言』小学館文庫
『帰還せず』2015
http://www.shogakukan.co.jp/books/09406074
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あおぬまよういちろう

Author:あおぬまよういちろう
【青沼陽一郎】
「ジャーナリスト」(週刊文春・週刊新潮)と呼ばれたり、
「ノンフィクション作家」(週刊現代)と呼ばれたり。
 日本文藝家協会・会員名簿には「作家・ジャーナリスト」とある。
 著書に『池袋通り魔との往復書簡』『オウム裁判傍笑記』(小学館文庫)『食料植民地ニッポン』(小学館)『裁判員Xの悲劇』(講談社)『私が見た21の死刑判決』(文春新書)『帰還せず-残留日本兵六〇年目の証言-』(新潮文庫)など。
 映像ドキュメンタリーに『虚像の神様〜麻原法廷漫画〜』シリーズ。

ぜぜ−ひひ【是々非々】
 よいことはよい、悪いことは悪いと公平な立場で判断すること。
「 是を是とし非を非とす る、之を知と謂い、是を非とし非を是とする、之を愚と謂う」『荀子』修身より

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR