習近平国家主席はアメリカ合衆国に憧れている!

子ども部屋に泊まった国家主席
 現在、国賓として米国を訪問中の習近平国家主席は、いまからちょうど30年前にアイオワ州のミシシッピ川の畔の小さな町にホームステイしていた経験があります。
 2階建て一軒家の子ども部屋に滞在したという習さんは、いつもニコニコしていて礼儀正しい青年だったとか。
 未来の国家主席は、ホストファミリーにこう語っていました。

「マーク・トウェインの小説に憧れて、ミシシッピ川を一度は見てみたかった」

 マーク・トウェインといえば……、米国を代表する小説『トム・ソーヤーの冒険』『ハックルベリイ・フィンの冒険』の作者です。
 知っての通り、いずれも自由をテーマにした小説で、マーク・トウェインの作品でミシシッピ川が舞台となるのはこの作品くらいしかありません。
 ということは……

ええっ!!
中国の国家主席がトム・ソーヤーに憧れていたなんて!


 その習近平が、文化大革命で下放されて暮らしていた「窯洞(ヤオトン)」と呼ばれる洞窟の家にも行ってきました。
 まあ、これならトム・ソーヤーに憧れるのも、無理はないか。自由を求めていたのかも。


中国当局に身柄拘束される!
 その中国で、この夏はじめて身柄を拘束されるという体験もしました。
 田圃の写真を撮っていただけなのに……。あのやり方といったら……。

 苦痛とも言える執拗な取調を受けながら、自由についても考えさせられました。
 中国国内で120人以上の人権派弁護士と呼ばれる人たちが、一斉に身柄を拘束されたのは、その翌日のことでした。
 米国が大好きなのに、トム・ソーヤーやハックルベリイの世界からもっとも遠い場所で自由を奪われているのが習近平という人の気がします。

 米中にわたる現地ルポを、今月10日に発売になって現在も店頭に並んでいる『文藝春秋』10月号に寄稿しています。
 ここに写真を提示してもいいのですが、まずは文章で読んでみてください。


『文藝春秋』2015年10月号
http://gekkan.bunshun.jp/articles/-/1391


 因みに、習近平よりも国家主席就任が確実視され、土壇場で序列がひっくり返った李克強首相も若い頃に海外へのホームステイ経験があります。
 それが日本。それも政治家の小沢一郎宅であったことを付け加えておきます。

小沢一郎

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あおぬまよういちろう

Author:あおぬまよういちろう
【青沼陽一郎】
「ジャーナリスト」(週刊文春・週刊新潮)と呼ばれたり、
「ノンフィクション作家」(週刊現代)と呼ばれたり。
 日本文藝家協会・会員名簿には「作家・ジャーナリスト」とある。
 著書に『池袋通り魔との往復書簡』『オウム裁判傍笑記』(小学館文庫)『食料植民地ニッポン』(小学館)『裁判員Xの悲劇』(講談社)『私が見た21の死刑判決』(文春新書)『帰還せず-残留日本兵六〇年目の証言-』(新潮文庫)など。
 映像ドキュメンタリーに『虚像の神様〜麻原法廷漫画〜』シリーズ。

ぜぜ−ひひ【是々非々】
 よいことはよい、悪いことは悪いと公平な立場で判断すること。
「 是を是とし非を非とす る、之を知と謂い、是を非とし非を是とする、之を愚と謂う」『荀子』修身より

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR