日本経済新聞の誤報記事といまさらながらの農林水産大臣

農林水産大臣の発言とチェック・オフ・プログラム
 NHKに出演した農林水産大臣が「チェック・オフ・プログラム」について言及したことがニュースになっています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151018/k10010274131000.html
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS18H04_Y5A011C1NN1000/

 ぼくにしてみたら、いまさら……という感じしかしませんね。

 まず、米国のチェック・オフ・プログラムについては、現地で取材して、今年の『文藝春秋』3月号からの連載で書いています。
 牛肉や豚肉の場合、1頭を出荷したところで1ドル程度からそれにも満たない額を徴収します。大量生産が可能な国柄だけに、少額徴収でも大金が集まります。
 この資金によって「ビーフ・ボード」「ポーク・ボード」と呼ばれる組織が運営され、生産者の教育や、消費者への情報提供、販路拡大、あるいは輸出の促進など、あらゆる事業を展開していきます。
 ビーフ・ボードの場合は、1920年代にチェック・オフ・プログラムが立ち上がり、1986年には法制化され全国で義務化、徴収されています。
 また、30年前には豚肉の輸入国だった米国は、このシステムの後押しもあって、いまや輸出国に転じ、TPP交渉では日本が重要五項目に入れて国内の養豚事業を守らなければならいほど、日本を脅かす存在に急成長しています。
 チェック・オフ・プログラムには任意参加による民間団体も存在し、そのひとつ豚肉の任意団体NPPC(National Pork Producers Council)は「TPPの草案を書いたのは私たちだ!」「日本も参加させるべきだと提案したのは私たちだ!」と、自負しています。いわば、TPPの仕掛け人です。
 日本の場合だと、ものすごく簡単にいってしまえば、その役割を農協(農業協同組合)が担うべきはずでした。
 それがちゃんと機能しないから、いまのような事態に陥っています。
 和牛に関していえば、「○○牛」というブランド戦略が各自治体でバラバラに展開しているから、米国のような一体性がない。米国にのみ込まれるわけですね。
 農林水産大臣がチェック・オフ・プログラムの導入について言及したことは、農協の存在に取って代わることを意味するのに、まあ、農協側(全中)の人間も暢気なものです。

日本経済新聞の誤報
 さて、食肉に関してもうひとつ。
 日本経済新聞の間違った記事、いわば誤報、嘘記事を見つけましたから、触れておきます。

日本経済新聞『伊藤ハム・米久が経営統合発表 「新興国の食欲」再編促す』
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ15HTN_V10C15A9TI1000/

 先月、日本の業界第2位の伊藤ハムと第7位の米久が経営統合することが明らかになりました。
 中国の台頭と世界の食肉の買い漁り、それに対抗する国際競争力の必要性から、合併に至った経緯を説いているのですが、その中にこんな文章があります。

例えば輸入の牛バラ肉(ショートプレート)。中国との競合で、米国産(冷凍品)の取引価格が14年は1年間で9割高の1キロ1100円前後となった。これが牛丼チェーン各社の値上げにつながっている。中国の経済発展によって「肉食化」が進み、急騰した。(日本経済新聞 2015年9月16日紙面より)


 これ、まったくの間違い。出鱈目。
 中国では、米国内でBSEが発生して以来、米国産の牛肉の輸入を禁止しています。(因みに、日本の和牛も同じ理由で輸入禁止の状態です!)
 だから、米国産牛肉で「中国との競合」なんてあり得ない。
 根本が間違っている。
 ただし、香港やマカオの業者が買い付けて大陸に密輸していたケースはあります。
 それも昨年の後半から取締が厳しくなり、密輸できなくなったブローカーはアジア諸国に転売。
 いまは日本への供給量も安定しています。
 今月はじめに、牛丼チェーン店が値下げキャンペーンを実施したのも頷けます。

 日本経済新聞が、こんなお粗末な記事を掲載するとは、なんともはや……。

 日本人は世界を取り巻く食料事情を知らなすぎるような気がしています。
 そこに関心を持たないことも、いかがなものでしょうか。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あおぬまよういちろう

Author:あおぬまよういちろう
【青沼陽一郎】
「ジャーナリスト」(週刊文春・週刊新潮)と呼ばれたり、
「ノンフィクション作家」(週刊現代)と呼ばれたり。
 日本文藝家協会・会員名簿には「作家・ジャーナリスト」とある。
 著書に『池袋通り魔との往復書簡』『オウム裁判傍笑記』(小学館文庫)『食料植民地ニッポン』(小学館)『裁判員Xの悲劇』(講談社)『私が見た21の死刑判決』(文春新書)『帰還せず-残留日本兵六〇年目の証言-』(新潮文庫)など。
 映像ドキュメンタリーに『虚像の神様〜麻原法廷漫画〜』シリーズ。

ぜぜ−ひひ【是々非々】
 よいことはよい、悪いことは悪いと公平な立場で判断すること。
「 是を是とし非を非とす る、之を知と謂い、是を非とし非を是とする、之を愚と謂う」『荀子』修身より

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR