茨城県はやっぱりどこかおかしい!

 茨城県は、やっぱりどこかおかしい。

 もう2年も前から、このブログで茨城県の嘘や暴挙、不見識は指摘してきていることですが……、

http://aonumazezehihi.blog.fc2.com/blog-entry-48.html
http://aonumazezehihi.blog.fc2.com/blog-entry-49.html
http://aonumazezehihi.blog.fc2.com/blog-entry-71.html
http://aonumazezehihi.blog.fc2.com/blog-entry-134.html

 今回の件も凄まじい。
 同県の女性の教育委員が、県内の特別支援学校を視察したことを踏まえて、18日の県総合教育会議でこう発言したという。

「妊娠初期にもっと(障害の有無が)わかるようにできないんでしょうか。4カ月以降になるとおろせないですから」
「ものすごい人数の方が従事している。県としてもあれは大変な予算だろうと思った」
「意識改革しないと。生まれてきてからでは本当に大変です」
「茨城県はそういうこと(=障害児の出産)を減らしていける方向になったらいい」

※以下、関連記事
http://jp.reuters.com/article/2015/11/19/idJP2015111901000788
http://mainichi.jp/select/news/20151119k0000e040205000c.html
http://www.asahi.com/articles/ASHCN54BZHCNUJHB015.html
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151120/k10010314151000.html
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2641227.html

 まず、発言をした東京・銀座の画廊の副社長というこのお金持ちのおばあさんは、ニュルンベルク裁判でいったい何が裁かれたのか、知らないらしい。
 キャスト、スタッフが米国アカデミー賞を受賞した映画『ニュルンベルク裁判』(’61)を観てみるといい。

 次に、こうした人物を教育委員にしてしまうところでおかしい。
 知事も当初は発言を「悪いことではない」などとコメントして庇っていたし、
 当人が教育委員を辞職して済む話でもあるまい。

 これまでのすべてについて共通して言えることは、
 人の命というものに真摯に向き合っていないこと。

 繰り返しになりますが、
 茨城県には、ぼくの尊敬する人も住んでいます。

 だけど、この施政はあまりに酷すぎる。
 もはや、体質なのでしょう。
 よもや、県の会議で「間引き」の推進が語られるとは思ってもみなかった。

 魅力度ランキング、47都道府県中3年連続で最下位であることも頷ける。

http://www.sankei.com/region/news/151006/rgn1510060010-n1.html

 みんなよく知っている。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あおぬまよういちろう

Author:あおぬまよういちろう
【青沼陽一郎】
「ジャーナリスト」(週刊文春・週刊新潮)と呼ばれたり、
「ノンフィクション作家」(週刊現代)と呼ばれたり。
 日本文藝家協会・会員名簿には「作家・ジャーナリスト」とある。
 著書に『池袋通り魔との往復書簡』『オウム裁判傍笑記』(小学館文庫)『食料植民地ニッポン』(小学館)『裁判員Xの悲劇』(講談社)『私が見た21の死刑判決』(文春新書)『帰還せず-残留日本兵六〇年目の証言-』(新潮文庫)など。
 映像ドキュメンタリーに『虚像の神様〜麻原法廷漫画〜』シリーズ。

ぜぜ−ひひ【是々非々】
 よいことはよい、悪いことは悪いと公平な立場で判断すること。
「 是を是とし非を非とす る、之を知と謂い、是を非とし非を是とする、之を愚と謂う」『荀子』修身より

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR