今年は年賀状を出さないことにしました。

 今年は来年の年賀状を出さないことにしました。
 というのも、今年はやたらに仕事上の約束を反故にしたり、一方的に連絡を絶ったり、無視したりする人たちが多かったから。酷いものになると10年以上も続けてきた人間関係を、先方の事情や感情で絶ちに来る人までいた。特に雑誌の世界の人たち。それは、ブラック企業に次いで〝ブラックバイト〟なる言葉が飛び交うようになりましたが、まさにそんな世界です。下請法に抵触するようなことを平気でしている。
 極めつけは、毎年S社からカレンダーを送ってきてくれるのですが、今年はそれがなかった。
 そんな状況で、もう、誰に送って、誰には必要ないのか、いちいち判断するのが非常に苦痛な次第。

 まあ、自分に魅力がなくなったことも一因かも知れませんが、そう思ってある出版社のエライ人に話してみると、「みんな余裕がなくなっている」とのこと。
 それを裏付けるような報道が3日前にありました。

出版物の販売額 過去最大の落ち込み
 ことしの国内の出版物の販売額は、雑誌の売り上げが大きく落ち込んだ影響で、去年より840億円少ないおよそ1兆5200億円となる見通しで、これまでで最大の落ち込みとなりました。(12月28日NHKニュース)

http://www.sankei.com/life/news/151229/lif1512290006-n1.html
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151228/k10010355441000.html

 今年、亡くなった水木しげるさんは「貸本屋」相手に漫画を描いていて、貧乏生活。やがて台頭してきた週刊誌の波に押されて、貸本屋は消滅していきます。(水木さんは週刊誌に漫画を載せるようになって、漫画家として成功していきます。)
 いま、そんな時代の過渡期なのかも知れませんね。

 それにしても、今年はいろんな人間の性(さが)が見えた年でした。

 年賀の挨拶なき件、悪しからず。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あおぬまよういちろう

Author:あおぬまよういちろう
【青沼陽一郎】
「ジャーナリスト」(週刊文春・週刊新潮)と呼ばれたり、
「ノンフィクション作家」(週刊現代)と呼ばれたり。
 日本文藝家協会・会員名簿には「作家・ジャーナリスト」とある。
 著書に『池袋通り魔との往復書簡』『オウム裁判傍笑記』(小学館文庫)『食料植民地ニッポン』(小学館)『裁判員Xの悲劇』(講談社)『私が見た21の死刑判決』(文春新書)『帰還せず-残留日本兵六〇年目の証言-』(新潮文庫)など。
 映像ドキュメンタリーに『虚像の神様〜麻原法廷漫画〜』シリーズ。

ぜぜ−ひひ【是々非々】
 よいことはよい、悪いことは悪いと公平な立場で判断すること。
「 是を是とし非を非とす る、之を知と謂い、是を非とし非を是とする、之を愚と謂う」『荀子』修身より

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR