資金9億円!密かに膨張するオウム真理教

 ベルギーの首都ブリュッセルの国際空港と地下鉄で当時爆破テロが起きました。過激派組織「イスラム国」(IS)が犯行声明を出しています。
 そのISへ参加しようとした日本人がトルコ南部で拘束されたことも報じられています。

 そんな中、いま店頭に並んでいる『サンデー毎日』の今週号に、オウム真理教について書いています。
http://mainichibooks.com/sundaymainichi/backnumber/2016/04/03/

 『サンデー毎日』といえば、最初にオウム真理教の問題を追及したキャンペーンを張った週刊誌。そこに寄稿させていただけるとは、思ってもみませんでした。
 そこで書いていますが、現在のオウム真理教の資産は8億9000万円!公安調査庁が今年1月に公表しています。
 しかも、この1年足らずで1億円も増やしています。
 組織として〝体力〟を取り戻してきた証です。
 かつて、オウム真理教が地下鉄サリン事件をはじめとするテロ事件を起こせたのも、豊富な資金があったからです。
 9億円もの資金をなにに使うのでしょうか。

 『サンデー毎日』では触れていませんが、これに関連して、ネット上に地下鉄サリン事件の被害者、遺族を中傷する書き込みがあります。
 『Yahoo!知恵袋』に投稿されているものです。
 ぼくも誹謗されています。
 それよりも、遺族を「バカ女」呼ばわりする書き込みは許せません。
 この書き込みは、明らかにオウム信者でしょう。
 とても危険だと思います。こうしたところでも〝体力〟を取り戻しています。
 他国で相次ぐ無差別テロに恐怖する、その前に自国のテロ組織を見直す必要があるのではないでしょうか。

 以下に、そのサイトと、そこに書かれていることをそのまま引用しておきます。
 Yahoo!も、よくこうした書き込みを放任したものです。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13125090703


Yahoo!知恵袋

アーナンダ正悟師 オウム真理教諜報省長官井上嘉浩さんの裁判で遺族の娘が井上...

agjnatさん2014/3/1918:41:53
アーナンダ正悟師

オウム真理教諜報省長官井上嘉浩さんの裁判で遺族の娘が井上さんに向かって「お父さんを返して!返して!」とわがままを言います。
このバカ女
井上さんが言い返せないことにつけこんで言いたい放題でわがままだと思いませんか?
井上さんが可哀想です。


ベストアンサーに選ばれた回答

m29steamlonewolfさん 2014/3/2011:56:33
それは、
というかそのような事はどの殺人事件の刑事裁判でもよくある事だから取り立てて何か言う程の事ではないのですが、

青沼陽一郎
というヘボジャーナリストが
自分の名前を売るためにそういう事を演出がけて宣伝したのです。

こいつ、
オウムバブルのジャーナリストの一人で、
森達也氏にイタイところを突かれている。
結局アンタらはオウムの悪口で儲かっているだけだ、
だから私が客観的な立場でオウム側のちょっとでも理解をするとヒステリックに叩いてくる。

青沼ら
→我々はオウムの仕事で他の仕事を犠牲にした

これは典型的な詭弁。
事件当時ならともかくとして、
ジャーナリスト、特にフリーなら取材する仕事の内容は選べる。
嫌ならオウムは忘れて別の取材をすればいい。
オウムでいつまでも食えると判断したから青沼らはオウムに自ら拘っただけ。

更にこいつ、
生意気に暴露ナイトとかいう番組で勿体ぶって話をしてたが、
麻原は公判中に寝てたとか、
そんな誰でも知ってたような事ばかり。

その女性はサリンを作った土谷の手を切断して欲しいと言ったという。
そのような典型的な劇場型女性のセリフは、
青沼らのような安っぽいジャーナリストはおいしいネタになる。
こういう感情型のセリフを小売りにしていくのが
青沼みたいな三流ジャーナリストの手口。

取材内容や発言に中味が無い。
スポーツ新聞の一面のように内容が薄い。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あおぬまよういちろう

Author:あおぬまよういちろう
【青沼陽一郎】
「ジャーナリスト」(週刊文春・週刊新潮)と呼ばれたり、
「ノンフィクション作家」(週刊現代)と呼ばれたり。
 日本文藝家協会・会員名簿には「作家・ジャーナリスト」とある。
 著書に『池袋通り魔との往復書簡』『オウム裁判傍笑記』(小学館文庫)『食料植民地ニッポン』(小学館)『裁判員Xの悲劇』(講談社)『私が見た21の死刑判決』(文春新書)『帰還せず-残留日本兵六〇年目の証言-』(新潮文庫)など。
 映像ドキュメンタリーに『虚像の神様〜麻原法廷漫画〜』シリーズ。

ぜぜ−ひひ【是々非々】
 よいことはよい、悪いことは悪いと公平な立場で判断すること。
「 是を是とし非を非とす る、之を知と謂い、是を非とし非を是とする、之を愚と謂う」『荀子』修身より

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR