スギ花粉と放射性セシウムについて

 現在発売中の「週刊文春」に、
 スギ花粉と放射性セシウムについて書いています。

 本文には書かなかったのですが、
 ちょっと気になることがあるので、触れておきます。

 スギ花粉と放射性物質についての取材中に気が付いたのですが、
 今年11月4日に、
 テレビ朝日の「モーニングバード」という番組が、
 東京・奥多摩のスギ花粉を独自に採取し、検査したところ、
 1キログラムあたり93.8ベクレルの放射性セシウムを検出した、
 と、報じていました。
 ですが、これは誤り。
 番組でサンプリングしていたのは、雄花です。
 雄花の中に花粉ができますが、実際に飛び散る花粉とは違います。
 11月くらいに花粉は形成されるとしても、冬の間に雄花の中で熟成してから、2月くらいから花粉が飛散するのです。
 だから、実際に飛び散る状態にならないと、花粉にどれだけ放射性セシウムが混入されるかわからないし、雄花といっしょに細かく潰して検査してしまっては、実は雄花の本体に放射性セシウムがついているだけで、花粉にはまったくセシウムが含有されていない可能性も出てきます。
 正確性を欠く検証です。
 しかもこれを「花粉」と断言しているのですから、ちょっと問題です。
 番組では一応「人体に影響はない」としていましたが、熟成期間をおくとひょっとしたら雄花以上に花粉に高濃度の放射性物質が溜まってしまう可能性だって否定できないのです。
 やっぱり問題ではないでしょうか。

 テレビ朝日の番組で、この〝花粉〟の計測分析を行ったのは、首都大学東京の福士政広教授でした。

 福士政広教授と言えば、
 NHKの朝の番組「あさイチ」でも、日本各地の家庭の食事を分析して、
「放射性物質が検出された」と報じたところ、
 のちにこれが正確ではなかったことが判明し、同番組内で訂正する騒ぎを起こしています。
 大丈夫なのでしょうか。

 NHKでは、12月15日に検証番組を放送する準備を進めているようですが、
 テレビ朝日もちゃんと再検証したほうがいいように思います。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あおぬまよういちろう

Author:あおぬまよういちろう
【青沼陽一郎】
「ジャーナリスト」(週刊文春・週刊新潮)と呼ばれたり、
「ノンフィクション作家」(週刊現代)と呼ばれたり。
 日本文藝家協会・会員名簿には「作家・ジャーナリスト」とある。
 著書に『池袋通り魔との往復書簡』『オウム裁判傍笑記』(小学館文庫)『食料植民地ニッポン』(小学館)『裁判員Xの悲劇』(講談社)『私が見た21の死刑判決』(文春新書)『帰還せず-残留日本兵六〇年目の証言-』(新潮文庫)など。
 映像ドキュメンタリーに『虚像の神様〜麻原法廷漫画〜』シリーズ。

ぜぜ−ひひ【是々非々】
 よいことはよい、悪いことは悪いと公平な立場で判断すること。
「 是を是とし非を非とす る、之を知と謂い、是を非とし非を是とする、之を愚と謂う」『荀子』修身より

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR