『信州そば』なのに原料は中国産!そんなことが許されるのか!?

「信州そば」と言われるように、信州いまの長野県はそばが有名です。
 そばは昼夜の寒暖差の大きく、水はけのよい高冷地を好むことから、昔から上質なそば粉がとれたことで、そばが名産となりました。当初は「そばがき」などの団子状にして食していたものが、現在の麺状態の「切りそば」になったのも信州がはじまりとされます。

 それがいま、原料に中国産やロシア産のそば粉が使われているのに『信州そば』という商品の「日本そば」が平然と流通し、販売されています。
 例えば、ファミリーマートのプライベートブランドの『信州そば』という乾麺がそうです。

ファミリーマートPB『信州そば』

〈自家挽きしたそば粉を使用。のどごしの良い細めのそばです。〉
 とまで売り文句が書かれていますが、「自家挽きした」のは中国もしくはロシア産のそば。

 そんな実情に、業界団体関係者はこう語っています。

「信州で穫れたそば粉を使った場合は『長野県産そば粉使用』と表示します。その表示がないものは、長野県産のそば粉は使っていないと理解してください。それもだいたいが外国産でまず間違いない」

 日本のそばの自給率はわずか24%(2013年度)。あとは輸入に頼っているのですが、そのうちの85%は中国産になります。
 ですから、市場に出回る『信州そば』という商品のほとんどが、実は「信州そば」でないことになります。

 どうしてこんなになっているのか? そんなことが許されるのか?

 かつて、このブログで触れた「『そばの啜り方がうるさい』とそば屋で文句をつけられた不条理」な事件も含めて、
 食品表示の問題について、今週発売された『サンデー毎日』9月4日号で書いています。

 同様の記事は、以下の毎日新聞のサイトでも閲覧できます。
http://mainichi.jp/sunday/articles/20160822/org/00m/020/002000d


 自民党が参院選で公約に掲げた「加工食品の原料原産地表示」が実現すると、『信州そば』という商品名といっしょに「原産地・中国」と明示されることになります。
 そんなことあってもいいのか?

 みなさんも考えてみてください。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あおぬまよういちろう

Author:あおぬまよういちろう
【青沼陽一郎】
「ジャーナリスト」(週刊文春・週刊新潮)と呼ばれたり、
「ノンフィクション作家」(週刊現代)と呼ばれたり。
 日本文藝家協会・会員名簿には「作家・ジャーナリスト」とある。
 著書に『池袋通り魔との往復書簡』『オウム裁判傍笑記』(小学館文庫)『食料植民地ニッポン』(小学館)『裁判員Xの悲劇』(講談社)『私が見た21の死刑判決』(文春新書)『帰還せず-残留日本兵六〇年目の証言-』(新潮文庫)など。
 映像ドキュメンタリーに『虚像の神様〜麻原法廷漫画〜』シリーズ。

ぜぜ−ひひ【是々非々】
 よいことはよい、悪いことは悪いと公平な立場で判断すること。
「 是を是とし非を非とす る、之を知と謂い、是を非とし非を是とする、之を愚と謂う」『荀子』修身より

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR