小沢一郎公判 被告人質問について

 今朝の産経新聞に、ずっと傍聴取材を続けてきた小沢一郎公判についての「傍聴記」を寄稿させていただいています。

 それと関連して、ちょっとヘンだな、と思うことを述べておきます。

 昨日、一昨日と被告人質問でしたね。裁判の最大のヤマ場だと報じられていました。
 大手マスコミは、この注目点、被告人質問のポイントを、

 「世田谷区深沢8丁目の土地購入のために小沢被告が自ら供出した4億円の原資」

 と報じていました。

 NHKの夜7時のニュースでも、まずはこの4億円の出所をポイントとして挙げ、2番目に元秘書との共謀の有無を指摘していました。
 その後の報道でも、被告人質問で4億円の原資が明らかにならなかったことを否定的に取り上げるメディアもあります。

 だけど、4億円の原資、このお金がどこから小沢さんの手元に渡ったのか、なんて、この裁判の争点でも何でもありませんから。
 あくまで裁判のついでの話、副産物として出てくるオマケの話です。
 公判で深く追及するようなものではありません。
 もちろん、この4億円が不正なお金だとしたら、大問題ですが、それは検察だって詰め切れなかったところです。
 この裁判は政治資金規正法違反、収支報告書に嘘の記載をした、ということが罪に問われています。
 従って、一審で有罪判決を受けている元秘書たちとの共謀が認められた時点で、小沢被告は有罪になる可能性が高く、政治生命の危機的状況にあるはずです。
 刑事事件として訴追する側も、被告人を護る側からしても、4億円の出所どころの話じゃない。

 事件のダイナミズムからすれば、政治資金規正法違反、それも収支報告書の不実記載なんて、小さな話になっちゃうのでしょうが、有罪は有罪。
 話を大きくしたくて、あるいは政治とカネの問題、政治家としての根幹に話を膨らませたくて、4億円の原資なんて話をイの一番に取り上げたのでしょうが、

 裁判の報道としては的確性を欠くものだと思います。

 オマケを主役の話にしてしまうから、混乱する。
 情報が正しく伝わっていない。
 マスコミが無理に煽っている。
 やり過ぎ。
 そんな気がしています。

 ただし、
 4億円もの現金が常に手元においてあった、という小沢さんのいうところにも、ちょっと首を傾げたくはなりますが。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あおぬまよういちろう

Author:あおぬまよういちろう
【青沼陽一郎】
「ジャーナリスト」(週刊文春・週刊新潮)と呼ばれたり、
「ノンフィクション作家」(週刊現代)と呼ばれたり。
 日本文藝家協会・会員名簿には「作家・ジャーナリスト」とある。
 著書に『池袋通り魔との往復書簡』『オウム裁判傍笑記』(小学館文庫)『食料植民地ニッポン』(小学館)『裁判員Xの悲劇』(講談社)『私が見た21の死刑判決』(文春新書)『帰還せず-残留日本兵六〇年目の証言-』(新潮文庫)など。
 映像ドキュメンタリーに『虚像の神様〜麻原法廷漫画〜』シリーズ。

ぜぜ−ひひ【是々非々】
 よいことはよい、悪いことは悪いと公平な立場で判断すること。
「 是を是とし非を非とす る、之を知と謂い、是を非とし非を是とする、之を愚と謂う」『荀子』修身より

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR