腐った蜜柑

 もう! 大馬鹿じゃないの!? と吐き捨てたくなることを発見したので、ここに書き記しておきます。

 開高健ノンフィクション賞というものがあります。
 この選考委員に森達也という人が、今年からなっています。

 開高健ノンフィクション賞

 森達也という人は、このブログでもどんなことをしている人なのか、
 そして、彼の描いた『A3』が講談社ノンフィクション賞を受賞するにあたって、どれだけの問題があるのか、抗議までしてきているのに、
 よりによってその人物を選考委員にするなんて、もはや常軌を逸した行為としかいいようがありません。
 ノンフィクションは嘘をついてもいい、と組織だって認めているのと同等です。

 開高健さんだって泣いているのではないでしょうか。
 米原万里さんに「破廉恥な捏造」まで指摘されている人物が、賞を選考する側にまわるなんて!

 ノンフィクションについて、ある出版社の幹部の方とお話していて気が付いた次第ですが、
 あらためて、ここまで土壌が腐っているとは思いませんでした。
 ノンフィクションを滅ぼすつもりでしょう。
 こんな世界で「ノンフィクション作家」なんて呼ばれるのは、もはや恥ずかしい。蔑みの代名詞になる。そのうち放送禁止用語になるのではないでしょうか。
(因みに、テレビの世界では森達也氏の映像作品ですら取り上げませんね。どうしてでしょうか。よく考えてみてください。)

 この期に及んで、「腐った蜜柑」を思い出します。
 金八先生(武田鉄矢)のいうところの「腐った蜜柑の方程式」といっしょ。
 蜜柑箱に1つ腐った蜜柑を放り込むと、他の蜜柑まで腐っていく。
 終いには蜜柑箱全体が腐ってしまう。
 講談社の犯した罪は大きい。
 本当に廃退する世界の現状でしょうね。

 ノンフィクションを名乗って歴史を改竄するなんて、
 本当にこの国の文化を滅ぼす最悪の行為です。
 優秀な人材が集まらないから、こうした輩を持ち上げてしまうのでしょうか。
 だとしたら、そんな場所に頭のいい人間が参集するでしょうか。
 業界衰退のスパイラル。見巧者なき世界。

 みんなこのノンフィクション賞に夢をもって応募するのでしょうが、
 未来なんてあるのでしょうか。
 森達也氏と並んだ選考委員も、所詮同じような人たちなんてしょうね。
 そう見られても仕方ない(少なくとも、ぼくはそう眺めます)。

 そんな世界で、腐らずに、誠実に生きるなんて無理です。

 生きることすら、ばからしい。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あおぬまよういちろう

Author:あおぬまよういちろう
【青沼陽一郎】
「ジャーナリスト」(週刊文春・週刊新潮)と呼ばれたり、
「ノンフィクション作家」(週刊現代)と呼ばれたり。
 日本文藝家協会・会員名簿には「作家・ジャーナリスト」とある。
 著書に『池袋通り魔との往復書簡』『オウム裁判傍笑記』(小学館文庫)『食料植民地ニッポン』(小学館)『裁判員Xの悲劇』(講談社)『私が見た21の死刑判決』(文春新書)『帰還せず-残留日本兵六〇年目の証言-』(新潮文庫)など。
 映像ドキュメンタリーに『虚像の神様〜麻原法廷漫画〜』シリーズ。

ぜぜ−ひひ【是々非々】
 よいことはよい、悪いことは悪いと公平な立場で判断すること。
「 是を是とし非を非とす る、之を知と謂い、是を非とし非を是とする、之を愚と謂う」『荀子』修身より

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR