森達也が仕掛けた創価学会「言論出版妨害事件」と同じ大罪

 通常国会も閉会して、
 参議院選挙が近づいてきましたね。

 だから、というわけではありませんが、
 極最近、トンでもないこと、
 そして、とても信じ難いことを耳にしたので、
 お話したいと思います。

 森達也という人がいます。
 このブログでも、繰り返し彼の虚言や捏造などの言説の問題点、いや、それ以上に彼の思考の異常ぶりを指摘してきた人物です。
 彼の著作『A3』が講談社ノンフィクション賞を受賞したことには、滝本太郎さんや藤田庄市さんと連名で、抗議文を講談社に送付しています。
 彼はそれに対し「すべてに反論できる」などと公言しながら、
 いまだに反論していない(いや、できない)どころか、
 『創』という雑誌で、更に卑劣な嘘を積み重ねて、ぼくや滝本太郎さんを誹謗中傷してきました。
 そこに正論がないことは、このブログでも解説しています。

 虚実を掲載したということでは、『創』という雑誌も同罪だと思います。

 ですが、あえて虚偽事実に基づく名誉毀損などで法的措置を取らないのは、
 〝言論には言論で返す〟という主旨のもとに、言論の自由を遵守し、言論の場に司法の力を介入させないことが、もっとも重要と考えたからです。
 それは、ぼくの周辺にいる弁護士さんたちから教えられ、諭されたことです。
(もちろん、弁護士でいらっしゃる滝本太郎さんも同じ考えです。)

 それでも、商業誌の誌面を一方的に利用する森達也という人のやり方、
 そこに嘘がありながらこれを掲載する『創』という雑誌の責任放棄の姿勢には、もはや限界にまで達していました。

 それでも、その言説に対し、このブログで反論をし、
 森達也という人の異常さを指摘してきましたが、
 いまだに彼は、こちらが指摘した彼の虚言や捏造について反論できていません。
 そんなどうしようもない人物だと思っていたのですが、
 更にそれを上回る、本当に信じ難いことがぼくの耳に届いたのです。

 なんと、あの森達也という人が、
 よりによって民主党比例選出の参議院議員に対して、

「青沼陽一郎を、なんとかなりませんか」

 と働きかけたというのです!

 参議院議員から直接、その打診を受けたという人物、それも信頼に値する方から聞いたので、まず間違いのない事実です。

 現職の国会議員に「なんとかなりませんか」と持ちかけるとは、いったいどういう魂胆なのでしょう。
「なんとかなりませんか」の意味が、
〝手打ちをしたい〟〝和解したい〟ということなのか、それとも、
〝あいつを黙らせてくれ〟〝封殺してくれ〟ということだったのか、
 ぼくには判然としません。
 ですが、どちらにしても、ぼくの言動を黙らせたい意図は明らかです。
「すべてに反論できる」というのなら、
 正々堂々と反論すべきです。虚言や捏造を排除して。
 それができないから、こんな言論人にあるまじき行為に出たのだと思います。
 しかも、政治権力を利用しようとするなんて。
 とてつもなく卑劣です。

 しかも、です。
 様々な方面から届く情報や諸々の事情を総合すると、
 どうやら、昨今、社会問題化していている「ヘイトスピーチ」に関連する運動の現場で、この国会議員と遭遇したことから(あるいは、それがきっかけで)、そんな話を持ちかけたと推察できます。
 ヘイトスピーチに関しては、表現の自由にも触れる問題ですから、慎重に話し合われるべきもののはずです。
 その裏側で、こんな働きかけをしていたなんて、言語道断。
 その人間性からして信じられない。

 この国会議員も、よくそんな場面でこんな卑劣な人物の話を聞けたものです。
 いっしょに肩を並べていて恥ずかしくないのでしょうか。
 国会議員としての立場も疑われるでしょう。

 かつて、創価学会は藤原弘達(故人)が、『創価学会を斬る』という著作を出版しようとしたところで、公明党からの働きかけで、当時の田中角栄自民党幹事長まで動かして、この出版を阻止しようとした、いわゆる「言論出版妨害事件」を引き起こしました。
 いまでも、創価学会にアレルギーを持つ人たちがいるのは、このときの記憶がそうさせるのでしょう。
 森達也という人がやっていることは、これと同じことです。
 その精神は、言論を語ることすら、おぞましいものです。

 森達也という人は、虚言や軽薄な持論を呈して、昨今のマスメディアを批判してきました。
 ですが、その正体がこれなのです。
 言論の世界がもっとも忌み嫌うべき存在です。

 いまでは明治大学で学生を相手に講義までしているといいます。
 しかし、そんなことを許しておいていいのでしょうか。

 もはや、こんな人物を登用するメディアこそが、批判されて然るべきでしょう。
 もし、彼を支持したり、採用する媒体があるとしたら、
 それこそ言論の本質を放棄しているとしか言い様がありません。
 絶対、こういう存在を許してはなりません。

 言論や他人の表現手法を語る資格すらない、下劣な人物です。
 極言すれば、こんな輩こそ、言論や表現の自由の敵であり、
 言論界から追放されても致し方ないでしょう。

 ぼくは怒り心頭です。
 絶対に許しません。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あおぬまよういちろう

Author:あおぬまよういちろう
【青沼陽一郎】
「ジャーナリスト」(週刊文春・週刊新潮)と呼ばれたり、
「ノンフィクション作家」(週刊現代)と呼ばれたり。
 日本文藝家協会・会員名簿には「作家・ジャーナリスト」とある。
 著書に『池袋通り魔との往復書簡』『オウム裁判傍笑記』(小学館文庫)『食料植民地ニッポン』(小学館)『裁判員Xの悲劇』(講談社)『私が見た21の死刑判決』(文春新書)『帰還せず-残留日本兵六〇年目の証言-』(新潮文庫)など。
 映像ドキュメンタリーに『虚像の神様〜麻原法廷漫画〜』シリーズ。

ぜぜ−ひひ【是々非々】
 よいことはよい、悪いことは悪いと公平な立場で判断すること。
「 是を是とし非を非とす る、之を知と謂い、是を非とし非を是とする、之を愚と謂う」『荀子』修身より

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR