「蕎麦の啜り方がうるさい」と蕎麦屋に文句をつけられた不条理

 不規則な生活を送っているぼくは、ランチタイムが過ぎたあたりで、さっと短時間で食事を済ませたくて、よく立ち食いそば屋を利用します。
 今日も、午後3時過ぎに、仕事場近くの『小諸そば』四谷新宿通り店に入り、もりそばを注文しました。
 そして、カウンターから商品を受け取るときに、店員がなにか囁いている。
 聞き耳を立ててみると、ぼくに対してその店員は、
「そばの啜り方がうるさいから、気をつけるように」
 と注意していたのです。
 ビックリしました。
 蕎麦は啜って食べるもの、と昭和の時代に生まれて以来ずっと信じていたものですから!
 店員がいうには、
「他の客があなたの食べ方をうるさい、と文句を言っていた」
「クレームが来たからには、注意をしなければいけない」
「だから、啜り方に注意して、静かに食べるように」
 ということです。
 そこで、訊いてみました。
 その〝客〟というのは、誰だ? どこの誰なのですか? と。
 ですが、「あなたが前回来たあとにクレームをつけられた」「よく来る客だ」「男性だ」としか言わない。
 その客も卑怯だと思いました。
 言いたいことがあるなら、ハッキリ言えばいい。そこで、その客の食べ方を見てみたい。自分と見比べてみたい。
 店も店で、客の正体や存在を明らかにしない。それだったら、仮にぼくが〝あの客の化粧品の臭いがきつい(実際にそういう客は少なくない)〟〝長髪が不潔そう〟〝髭面が気色悪い〟と言ったら、店はその客に注意するのでしょうか。〝あいつが気に食わない〟だけで、いくらでもこちらが攻撃対象になります。
 いや、そもそもからして、そんな〝客〟がいたのでしょうか。
 店側が、なにかぼくが気に食わなくて、一方的にクレームをつけているだけではないのか。
 つまり、二度と来るな!と追い払いたい意図があったのではないか。
 そこまで思いました。
 だって、蕎麦屋で「蕎麦の啜り方がうるさい」という、常識では(少なくとも、ぼくの常識では)考えられない理由で文句をつけられるのですから。
 ましてや、もりそば1枚240円の、いわば大衆立ち食いそば屋で。
 仮に実在したとしても、一方的にそんな客のカタを持つところでおかしい。

 そもそも、蕎麦を啜って食べるのは日本の文化のはずです。
 それをいうのなら、
 パスタを啜って食べる日本人のほうがよっぽどおかしいですし、
 ラーメンでさえ、ズルズルと啜って食べるのは日本人だけ。
 中国でも麺は啜って食べませんし(そんなことをしたら嫌悪される)、
 クイッティオ(タイのヌードル)だって現地で音を立てて食べているのは日本人くらいのものです。

 あまりに不快で、不条理だったので、
 代金を返してもらって、そのまま店を出てきました。
「蕎麦の啜り方がうるさい」と客にクレームをつける蕎麦屋。
 そんな常識外れの店は二度と行きません。
 どうかしています。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あおぬまよういちろう

Author:あおぬまよういちろう
【青沼陽一郎】
「ジャーナリスト」(週刊文春・週刊新潮)と呼ばれたり、
「ノンフィクション作家」(週刊現代)と呼ばれたり。
 日本文藝家協会・会員名簿には「作家・ジャーナリスト」とある。
 著書に『池袋通り魔との往復書簡』『オウム裁判傍笑記』(小学館文庫)『食料植民地ニッポン』(小学館)『裁判員Xの悲劇』(講談社)『私が見た21の死刑判決』(文春新書)『帰還せず-残留日本兵六〇年目の証言-』(新潮文庫)など。
 映像ドキュメンタリーに『虚像の神様〜麻原法廷漫画〜』シリーズ。

ぜぜ−ひひ【是々非々】
 よいことはよい、悪いことは悪いと公平な立場で判断すること。
「 是を是とし非を非とす る、之を知と謂い、是を非とし非を是とする、之を愚と謂う」『荀子』修身より

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR