「そば屋」看板偽装表示疑惑取材進行中!

 首都圏でチェーン展開する大衆立ち食いそば屋『小諸そば』で、「蕎麦の啜り方がうるさい」と文句をつけられて5日。
 すっかり、蕎麦を食べることが怖くなって、精神的〝蕎麦アレルギー〟に陥ってしまいました。

 だいたい、蕎麦を食べるときには音を立てて啜るものではないでしょうか。
 それが日本の文化であり、日本人の常識。
 ぼくは生まれ育った時から慣れ親しんだ信州そばを、そうやって味わってきました。
 それを、同じ信州の「小諸」を名乗るそば屋に否定されるなんて、とても信じられません。

 そこで、今日の午後、長野県小諸市に電話で問い合わせてみました。

「小諸では、音を立てて蕎麦を食べないのですか?」

 すると、対応にあたった小諸市役所の担当者が、はっきりこう答えていました。

「私たちは、音を立てて食べます。
 地域によっても蕎麦の食べ方は違うのかも知れませんが、
 小諸の地域では音を立てて食べます」



 もうこの時点で「看板に偽りあり」。
 日本の蕎麦文化どころか、信州小諸すら欺いています。

 もちろん、現地への問い合わせは、「取材」の一環として行ったもの。
 首都圏大衆向け外食チェーン店『小諸そば』の看板に掲げる食品偽装表示疑惑については、きっちりと取材を進めています。
 もっとも、そば屋が蕎麦の啜り方に文句をつけることからして、文化を誹謗する破廉恥な行為なのですが、
 そのことすら、この店舗チェーンは気付いていないようです。
 輪をかけて、もっと破廉恥です。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

撮影して検証してみたらどうでしょう?

はじめまして。立ち食いそばについて検索していたらここに辿り着きました。
そばについては音を立ててすするのは別に問題ないと思いますが、「程度」の問題はあるのではないでしょうか?
ジャーナリストならもう少し冷静に客観的な見方をすべきで、自分の食べている姿を撮影して検証したり、騒音量を測定したり、その映像をマナー研究家に確認して意見を聞いてみたりしたらどうでしょうか?
また、小諸そば本社に取材しないで誹謗する文章を載せているのはジャーナリストがやることでなく、クレーマーの域を出ない印象です。
プロフィール

あおぬまよういちろう

Author:あおぬまよういちろう
【青沼陽一郎】
「ジャーナリスト」(週刊文春・週刊新潮)と呼ばれたり、
「ノンフィクション作家」(週刊現代)と呼ばれたり。
 日本文藝家協会・会員名簿には「作家・ジャーナリスト」とある。
 著書に『池袋通り魔との往復書簡』『オウム裁判傍笑記』(小学館文庫)『食料植民地ニッポン』(小学館)『裁判員Xの悲劇』(講談社)『私が見た21の死刑判決』(文春新書)『帰還せず-残留日本兵六〇年目の証言-』(新潮文庫)など。
 映像ドキュメンタリーに『虚像の神様〜麻原法廷漫画〜』シリーズ。

ぜぜ−ひひ【是々非々】
 よいことはよい、悪いことは悪いと公平な立場で判断すること。
「 是を是とし非を非とす る、之を知と謂い、是を非とし非を是とする、之を愚と謂う」『荀子』修身より

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR